毎日の日課としてウォーキングを始めて1年が経過しました。

体重減と運動の習慣化を目的としてウォーキングを始め、その結果、体重・体脂肪率がどのようになったのか、また、私の生活がどのように変化したのかを振り返ってみました。

 

 

スポンサードリンク

ウォーキング1周年記念日

IMG_3312

今日2015年5月4日で、私がウォーキングを始めてちょうど1年が経過しました。

正確には3日からなのですが、RunKeeperでログをとり始めたのが翌4日からなので、今日で1周年ということで。

 

私が(ランニングではなく)ウォーキングを始めた経緯は下記の記事に書いてあります。

 

ランニングを挫折した男が再びウォーキングを始めるまでの8ヶ月間 | toybucket blog

 

 

 

要は、運動する習慣を身につけて、増えた体重を落とすのが目的だったわけですが、1年間続けて、実際に体重はどうなったのか。

 

ボディステータスの変化

私は、ウォーキングを始める前から、WithingsのSmart Body AnalyzerというWi-Fi体重計で毎日の体重・体脂肪率などを記録しています。

その記録を見てみました。

 

まずは、ウォーキング開始日、2014年5月4日のデータ。

 

IMG_3305

体重62.7kg、体脂肪率18.4%、BMI 20.9。

私の身長(173cm)からすれば標準的であると思いますが、私史上ではかなり多めなほう。

これより少し前は64kgくらいありました。

 

そして今朝、2015年5月4日に測定したデータがこちら。

 

IMG_3314

体重58.2kg、体脂肪率15.4%、BMI 19.4。

この2日だけで比較すると、

4.5kgの減量、体脂肪率は3%減。

 

そして、この1年間の数値の推移を表すグラフです。

【体重】
IMG_3306

 

【体脂肪率】
IMG_3307

 

ご覧のとおり、見事な右肩下がり。

それぞれ矢印で示したのがウォーキング開始時期です。

それまで横ばいだった数値が、ウォーキング開始と同時に顕著に下がり始めています。

なんて正直なカラダ(笑)

 

もともと私は代謝が良く、食べても太りにくい身体だという自覚があったので、適度に運動して、身体に脂肪を燃焼させることを思い出させれば元の身体に戻るとは感覚的に思っていましたが、ここまできれいに下がるとだんだんと面白くなってきました。

 

ウォーキングは、ずっと1日約1.5kmのコースを2周で約3kmを30分弱で歩いていましたが、ここ1ヶ月くらいは1周に減らしています。

そのせいか、最近は体重は58kg前後で横ばい。

58kgを目標としていたので、今の状態がちょうど良いのです。

 

少しですが生活も変化しました

ウォーキング開始時は、仕事から帰ってきた20時頃に歩いていました。

しかし、夜は仕事が延びたり、いろいろ予定が入ったりして帰宅が遅くなることが多く、そんな日には「これから帰って歩かないと」と、少しプレッシャーになっていました。

そこで、2014年9月1日から、ウォーキングの時間を朝に切り替えました。

朝6:30を目安にスタートするようにすると、少しだけですがいろいろと生活が変わってきました。

 

まず、ウォーキングの時間を朝に設定することで、大雨が降ったり起きられなかったりして朝に歩けなくても、まだ昼や夜に歩けると思えるようになり、結果ウォーキングの日課を気楽にこなせるようになりました。

それまではたまにお休みする日もあったのですが、今日まで269日連続で歩いています。

 

IMG_3313

 

次に、それまで朝8時くらいに起きていたのを6時頃に早めることで、当然夜寝る時間が早くなりました。

それに伴って自宅で夕食を食べる時間やお風呂に入る時間も早くなりました。

逆に、朝ウォーキングをした後8時までに余った時間でブログを書いたり、その他「朝活」をする時間ができました。

 

まだ休日になるとこの生活サイクルが夜型に戻り気味なのですが、平日はほぼそんな感じで回っています。

 

ウォーキング、おすすめです

何か運動をしたい(しなければ)と思っている人には、ウォーキングおすすめですよ。

私はウェアやシューズを買い揃えていますが、やろうと思えば何の準備もなくてもできるので、気軽にスタートできます。

また、ちょっと仕事の休憩時間なんかを使って歩くこともできます。

そんなに疲れないので成果が実感しにくいですが、先ほどのグラフを見ていただければ成果が出ることはお分かりいただけるでしょう。

 

あと、体重やトラッキングのログをとるのは必須だと思います。

数字で見ることができるということは、モチベーションに大きな影響があると思います。

今は便利な機器がいろいろあるので、簡単に記録できます。

そこだけちょっと投資しましょう。

ジムに通うことを考えれば安いものです。

 

明日も歩きます。

続けられるか不安だったウォーキングを1年間継続することができました。

おそらく、私の中ではウォーキングは習慣になったと言えると思います。

最近思ったのは、習慣化した状態とは「毎日続けること」ではなく、「たとえ今日できなかったとしても、明日には何事もなかったかのように無意識的にやる(やろうと思う)状態」なのではないでしょうか。

だから、何がなんでも連続記録を伸ばしていかなければとは思いませんが、継続の効果が確実にあるということは身をもってわかったので、これからも楽しみながら続けていこうと思います。

 

スポンサードリンク