「できない前提」で生きている自分を「できる前提」に変えるため、「できたこと日記」をつけ始めました。

みんなで「できること探し」しよう!

スポンサードリンク

IMG_4177

自分は「できない前提」で生きている

結果を出す人というのは、やる前から「根拠のない自信」があるそうです。

自分のことを「できる」と思っているからできるのであって、結果が出て自信がつくのではないそうなのです。

前提が「自分はできる」だそうなのです。

 

なぜここまで「〜そうです」と伝聞形で書いてきたかというと、それは私が、上記のような人とは逆の「できない前提」で生きている人間だなあと思っているからです。

聞けばなるほどなあとは思うけど、実際に身体で感じる=腑に落ちるという感じではないんですよね。

 

「できる前提」で生きるのと、「できない前提」で生きるのとでは、同じ努力をしても結果が変わるだろうというのは、なんとなく解ります。

でも、何かをするとき、しようとするとき、無意識に「自分には無理なんじゃないか」と思ってしまう。

無意識であれはじめから「できない」と思っていたら、そりゃ無理ですよね。

そうしてまた「自分はできない」を強化してしまう。

 

でも、実際のところは、私たちは毎日何か「できて」いるんだなあと思ったのです。

 

朝起きられた

仕事に行けた

健康に過ごせた

「今日」を生き切れた

 

私たち、いや、私はいつも「できない」ことにばかり目を向け、「今日もアレができなかった」と落ち込んでいるのです。

このように、毎日何か「できて」いるのに、それには目もくれず、必死でできなかったこと、失敗したこと探しをしています。

 

でも、たとえ端から見て(自分からも)失敗と思うようなことがあったとしても、「失敗する」という経験が「できた」のです。

経験値が上がったという点では、昨日と比べると一歩でも半歩でも必ず前進していて、後退する日はないのです。

「できた」ことに目を向ければ、日々何かを達成して、レベルアップしているのです。

 

「できたこと日記」始めました。

そんな「できない前提」の自分を「『できる前提』で生きる人」に変えるために、「できたこと日記」をつけ始めました。

 

新しいことを始めるときは新しいツールを使うと気持ちがアガると思っているので、日記をつけるために、iPhoneアプリDay Oneを導入しました。

(導入後すぐにDay One 2がリリースされてしまいました…)

 

 

私が決めた「できたこと日記」のつけ方は、

  • 「今日できたこと」を箇条書きで記入
  • やったけどできなかったこと、やろうと思っていたけどやれなかったことは記入しない
  • 1日最低ひとつは書く

これを毎日の終わりに、その日を振り返りながら記入していきます。

 

これは実績を記録すること自体が目的なのではなく、その日にできたことを探し続けることで、今まで必死に「できないこと探し」を習慣としていた頭から、「できること探し」を習慣とする頭に切り替えることが目的です。

だから、仕事の内容とか、こと細かく記入することにはこだわりません。

実績として目に見えないことでも良いです。

まだ書いたことはないけど、例えば

「コンビニの会計のときにありがとうと言えた」

とかでもいいのです。

 

「できること探し」しよう

この記事を書いてる時点で半月くらいやっています。

これを続けていって、

「この日こんなことができてるから、きっとこれもできる」

「これだけできてるんだ。自分は『できる』んだ」と、「できる前提」に切り替わればいいなと思います。

 

スポンサードリンク