夜のウォーキングを始めてけっこう経ちました。
ウォーキングの間はiTunesに入れた曲をiPhoneで聴いています。最初はそのときよく聴いていたプレイリストをただ流していたのですが、ゆっくりした曲が流れている時はなんだか歩くスピードもゆっくりになって、歩くペースがバラバラ…。じゃあ逆に、曲のテンポが歩くペースに合ってたらウォーキングも捗るんじゃないの?ということで、自分のiTunesライブラリ内の楽曲のテンポを調べて、ウォーキングに合った曲でプレイリストを作ってしまおうという計画です。

スポンサードリンク

iTunes内の楽曲のテンポを解析する

iTunesの楽曲のテンポは「BPM」という数値で表されます。

BPM=Beats per Minute【1分あたりの拍(ビート)】

iTunesのタグにもちゃんと「BPM」という項目があります。しかし、通常CDなどから取り込んだりiTunesストアで購入した楽曲にはこのBPMのタグは空欄になっています。そこで、楽曲を解析してBPMを算出するソフトをご紹介。

Scratch Live (Win/Mac対応)

もともとDJソフトなのですが、ここではBPMの解析の機能だけ使います。ソフトの使い方は既にいろいろな方が書かれているので省略させていただきますね。私は下記サイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます!

BPMを調べて、iTunesに一括登録する ’12冬(win・mac両対応) | 乱雑モックアップ

私のiTunesライブラリには3,400曲くらいあるのですが、けっこう早く終わりました。2時間かからなかったんじゃないでしょうか。

ウォーキングに合った曲のプレイリストを作る

楽曲へBPMの登録が完了したら、あとはプレイリストを作るだけです。自分の歩くペース(もしくは歩きたいペース)に合ったBPMの曲だけを集めればいいのですが…

…ところで自分の歩くペースってどうやって調べるの…?

私が使ったのは過去のエントリーでも紹介した、ウォーキングの時に使っているiPhoneアプリ「RunKeeper」。
このアプリのそれぞれのアクティビティログの「チャート」にある「ストライド率」は、1回のアクティビティを平均した、1分あたりの歩数が表示されます。

IMG_1814
【いちばん下の「チャート」をタップ】

IMG_1815
【「ストライド率」。115歩/分となっています。】

「1分あたりの歩数」…1歩=1拍と置き換えれば、この数値はまさにBPMそのもの。

私の場合は、だいたい1分あたり114〜116歩くらいだったけど、もう少しペースを上げて歩きたいなーと思っていたので、116〜120BPMくらいの曲でプレイリストを作ろうと思いました。

ターゲットとなるBPMの範囲が分かったらゴールまであと1歩。あとはiTunesでプレイリストを作るだけです。

目的のBPMだけを集めたスマートプレイリストを作る

iTunesのメニュー「ファイル→新規→スマートプレイリスト…」からスマートプレイリストを作ります。いちばん左のプルダウンから「BPM」を選び、右の「である」のプルダウンから「の範囲」を選んだら、絞り込みたいBPMの数値を入力します。たったこれだけで完成です。



完成したプレイリストに「For Walking(BPM 116-120)」と名前をつけました。曲数は220曲くらい。もちろん、スマートプレイリストなので、後々BPMの範囲を変えたくなってもすぐに変えられます。

作成したプレイリストを持ってウォーキング!

さっそくこのプレイリストをiPhoneに入れてウォーキングに行ってみました。歩き始めると同時にシャッフル再生。効果のほどは…

1曲目が流れ出した途端、ノリノリになってしまいました(笑)

ちなみに1曲目に再生されたのはこの曲。BPMは119。
 

テンポが歩くペースにぴったり!というより、音楽に足が引っ張られていくようで、足取りが軽やか。無理をせずほぼ一定のペースを保ったまま最後まで歩ききれます。これはいい。俄然ウォーキングが楽しくなりました。

さいごに

もちろんBPMの範囲設定を変えればランニングにも使えます。私はドクターストップがかかっているのでランニングはできませんが、ランニングで使うとテンション上がりそうですねー。ウォーキングやランニングをしている方にはおすすめです。きっと気分が変わりますよ。

最後に、私がここまでこのプレイリストを使ってウォーキングをした中で、特にノリノリで歩けた曲をご紹介します。皆さんもご自身のライブラリからご自身のペースにぴったりの楽曲を見つけてくださいね。

 

スポンサードリンク