iOS 12で追加された機能、ショートカットを使って、食事の写真を撮ってEvernoteに記録するショートカットを作りました。

 

スポンサードリンク

iOSの新機能、ショートカット

iOS 12で追加された機能、ショートカットを使って、食事の写真を撮ってEvernoteに記録するショートカットを作りました。

いつ何を食べたのかを記録しておいて、あとで検索することができます。

 

miilなどのアプリやWebサービスを使う手もありますが、食事の写真をネットに公開するのも、iPhoneの容量を食うのも嫌なので、Evernoteに記録する方法をとりました。

 

食事の写真をEvernoteに追加するショートカット

 

↓ここからショートカットをダウンロードできます。

ダウンロードリンク

 

ウィジェットもしくはデスクトップに保存して使ってください。

 

事前準備

このショートカットは、カメラ、写真、Evernoteのアクセス許可が必要となります。

ショートカットの最後にあるEvernoteの「新規メモを作成」アクションのところで、ご自身のEvernoteの保存先ノートブックを指定しておいてください。

 

 

実行

実行すると、

 

カメラで撮影するか、フォトライブラリーから選択するかを選びます。

カメラ、フォトライブラリーともに、1枚だけ撮影もしくは選択できます。

 

 

次に朝食、昼食、夕食、間食のどれかを選択します。

 

以上で完了。

指定したEvernoteのノートブックに、新規ノートが作成されます。

 

こんな感じ。

 

ちょうど10月1日だったので、天下一品にしてみました。

 

ちなみに、アップし忘れた分を後日アップしても大丈夫なように、記入される日付は写真の作成日(撮影日)になっています。

 

テキスト部分には日付と朝食/昼食/夕食/間食の別が記入されるようになっていますが、ショートカットのテキストのアクション(下のスクショ参照)を変えれば好きな内容を記入できます。

「Photo | Creation Date」のマジック変数が日付の部分。

「選択した項目」のマジック変数が朝食/昼食/夕食/間食の別です。

 

これでまたライフログが捗ります。

 

問題点

当記事執筆時点での問題点は、Evernoteにアップされた時、写真が回転してしまう時があること。

 

 

サムネイルの時とノートを開いた時とで向きが違っていたりするので、対応できません。

上の場合はサムネイルが180度回転していますね。

これはショートカットかEvernoteかどちらかの不具合だと思うので、改善を待つしかないでしょう。

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ