平日の真っ昼間に、ひとりカラオケに行ってきた。

 

スポンサードリンク

 

せっかく自由に時間を使える立場なのに、

「朝からデスクに向かって夕方まで仕事をしなければいけない」

と自分で自分を勝手に縛り付けてしまっている節がある。

 

そのことでストレスが溜まって生活が行き詰まって、息も詰まっていたので、カラオケに行ってきた。

平日の昼間はいちばん安いっていう理由もあるんだけど。

 

実はずっと前から行きたいなと思っていたんだけど、先ほどのような自らへの呪縛で行けないでいた。

些細なことでもやりたいことを実現する習慣をつける一環でもある。

 

はじめてのひとカラ

学生時代からカラオケは大好きなんだけど、ひとりカラオケは実は初めて。

カラオケ自体4年ぶりくらいだったし、いつも人に任せていたので、システムも分からなかった。

フリータイム、ドリンク飲み放題で750円なんて、こんなに安いのか。

 

平日はラジオをよく聴くので、よく聴く曲や気になっていた曲から歌ってみる。

ひとりだから、早く次の曲を入れないととか慌てる必要もないし、マイナーな歌を歌って誰も知らないなんて心配をする必要もないから気が楽。

 

アップテンポの歌を一気に歌い上げると超楽しい。

 

ひとりなのにめちゃくちゃ盛り上がってた。

カラオケって実はひとりでやるためにあるんじゃないだろうか。

 

罪悪感はゴミ箱へ

「平日の昼間は働かなければいけない」

という呪いを自らにかけてしまっていた。

 

平日の昼間に遊んでなんていたらダメだという罪悪感を勝手に抱えていたのを、思い切ってゴミ箱に捨てて(笑)出てきた。

 

カラオケ店に向かう最中は、平日の昼間だけあって仕事中であろう人たちが行き交うなかお店に向かうのに若干気が引けたが、ひとたび部屋に入ってしまえばどうってことなかった。

 

ひとカラ超楽しい!

 

フリータイムで4時間くらい、ほとんど休憩も入れずにずっと歌ってた。

 

部屋でラジオやiTunesを聴いて一緒に鼻歌を歌うことはあっても、大きな声で歌うことはないので、ストレス発散にはもってこい。

学生時代は遊びのひとつとしてカラオケに行っていたので、カラオケでストレス発散なんてあまり考えたことはなかったけど、こんなに気持ちいいんだ。

 

これでちょっと味をしめた感はあるな。

あんまり頻繁に行くと目新しさがないから、3〜4ヶ月くらいしたらまた行ってみようかな。

 

おまけ

戦歴を全公開しておきます\(^o^)/

 

 

初挑戦曲のなかで自分的にいちばんハマった曲たち。

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ