朝の習慣にしている5分スケッチを始めてから連続1,000日達成しました。

これをなんとか生かしたいと思っているんだけど。

 

スポンサードリンク

5分スケッチ連続1,000日達成

2016年9月11日から始めた5分スケッチ。

 

毎日続けて、2019年6月7日で1,000日達成。

ちょうど1,000日目のスケッチ

これがちょうど1,000日目のスケッチ

 

Instagramへの投稿とブログ記事の作成は少し後から始めたので全部は載っていないけど、スケッチブックには1,000以上のスケッチがストックされていることになる。

 

スケッチブック12冊

スケッチブック12冊分。

 

朝起きてからスケッチを描くのを習慣化しているので、やる気を振り絞って描くということもないんだけど、やっぱりどうしても描くのがめんどくさい日もある。

それでも雨の日も風の日も、台風で停電した日(Wi-Fi接続のiPadで資料写真を表示しているから、停電だとネットに繋がらなくて写真が見られないんです…)もなんとか描き続けて、連続1,000日。

始めてから1日も欠かさず今までやってこられている。

 

1,000日やったはいいけれど

1,000日やったとはいえ、これが画力につながっているのかと言われれば首を傾げてしまう。

このスケッチで描く絵と最終的にIllustratorで描く絵とでは全然プロセスも目的も違うし、スケッチは既にある写真を見て描いているので、スケッチと同じやり方で自分のイラストを一から生み出すことは、今の状態ではできない。

 

普段のイラストとは別に、これはこれとして何かしらの利用はできないかとずいぶん前から考えてはいるんだけど。

色をつけてグッズとかストック素材という形で販売しようかとも考えてみたけど、元の写真があるものだからトレースになってしまうということで断念。

 

マネタイズの道険し?

スケッチブック12冊分

 

個展なんかを開くようなことがあればそこで見せたりするのはいいんだろうけど、商品化となるとスケッチをこのまま使うのは難しい。

既に描いたものをそのまま使うことはできないにせよ、せっかく長いこと続けているので、この実績と経験をどうにかマネタイズできないものかと、ずっと思案しているけど、まだ答えが見つからない。

ここからこのやり方でオリジナルを描く術を身につけるか、それともモデルを置いてライブドローイングとか…

浅い知恵で思いつくのはそんなところかな…?

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ