目指す目標へとまっすぐ続く直線ルートなんて無いのかもと、ふと思った。

 

スポンサードリンク

一直線に目標に到達しようとしてないか?

目指す目標に向かって歩みを進めたいと思ってもなかなか踏み出せないのは、自分が「一直線に」目的地に到達しようとしているからじゃないか。

 

 

山の頂上ばかり見て、そこへ登るための寄り道なしの直線ルートを見つけようとするから、それが見つからないうちは一歩も進めない。

 

頂上へとまっすぐ続く直線ルートなんて無いんだ。

本当はあるかもしれないけど、「それしか無い」と思ってその唯一の(と思い込んでいる)ルートを探そうとすると、遠回りをする(と思い込んでいる)他の選択肢を全部切り捨ててしまうから、やってみようと思う「答え」がずっと見つからない。

だからずっと動けない。

 

一見遠回りに思えたり届かなさそうに見える道でも歩いていけば、気がついたら頂上に近づいている。

実際の登山だって、山頂への道は曲がりくねったり回り道だったりして、山頂へまっすぐのびる道なんてまずない。

 

遠回りしていると本当に山頂に近づいているのか不安になる時もあるだろうけど、その間は山の頂上が見えてさえいればいい。

目指す場所がどの方角にあるかが分かっていればいいんだ。

 

 

沢山の可能性を考えていい

結果を焦ると余裕がなくなって視野が狭くなり、頭で考えた、常識的な、みんなが成功しているような方法でないと目的地にたどり着けないと思い込んでしまう。

 

正直ここ最近の自分はかなり焦って視野が狭くなっていたと思う。

少しだけ余裕が出てきて冷静になってみると、選択肢は他にも沢山あるんだと気付いた。

いや、「沢山あるんだ」というよりは、「沢山の可能性を考えてもいいんだ」と思えるようになったと言ったほうがいいだろう。

 

目標さえ見据えていれば、間違った道なんてない。

だから正しい道かどうかを考えず、やりたい事かという自分の気持ちを大事にして、山頂を視界に入れながら好きなことをやっていけば、気がついたらいつの間にか山頂に近づいているんじゃないだろうか。

その寄り道の最中で経験したことが、山頂に近づいた時に思わぬ形で役に立つかもしれないし。

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ