自宅でのデザイン作業の環境を整えるため、AmazonでMORISAWA PASSPORT ONEを購入しました。

 

スポンサードリンク

MORISAWA PASSPORT ONE

フォントといえばモリサワ。

デザインの仕事をするのには最低限持っておかないといけないような、ほぼ業界標準になっています。

 

モリサワのフォントライセンスには、MORISAWA PASSPORTMORISAWA PASSPORT ONE(以下ONE)の2種類があります。

 

MORISAWA PASSPORTが複数台・複数年のライセンス契約を一括でできるのに対し、ONEは1台1年のみのライセンス。

その代わり、MORISAWA PASSPORTでは必要な申請書が不要で、購入次第すぐにインストールして使えるのがONEの強み。

 

しかも使えるフォントの種類はMORISAWA PASSPORTもONEも同じ。

私は当面1台分のライセンスがあればよかったので、ONEを購入することにしました。

 

本当はもうちょっと使えるフォントの数を減らしていいから価格を抑えたプランとかあるといいと思うんだけど、そんなのあったらみんなそっちに流れますね…

 

購入

モリサワのサイトをはじめ、いろんなサイトおよび実店舗で販売していますが、Amazonがいちばん安かったです。

¥43,450で購入しました。

(私の購入当時の価格です。ご購入の際は金額をご確認ください。)

プライム会員なら、お急ぎ便を使えば翌日着で大阪に届きます。

到着後すぐに使えるのがONEの特徴なので、どうしても必要になった時点で即購入、でも間に合うかもしれませんね。

 

 

私はAmazonの通常配送で購入の2日後に到着しました。

 

 

 

このようなパッケージで届きますが、中にはDVDなどのメディアは何も入っておらず、「パッケージキー」の書かれた書類が入っています。

このパッケージキーを使ってWebからダウンロードしてインストールします。

インストールの方法は同梱の「START BOOK」に書かれています。

非常にシンプルなのでここでは割愛。

 

特に問題もなくインストール完了。

職場で何回か見たことのある画面だったので、難なく進められました。

 

ほぼ業界標準のフォントであるモリサワフォントをインストールできたので、これでとりあえずデザインの作業をすることができます。

 

ライセンス登録は後日

ONEは事前の書類は不要ですが、ライセンス登録は当然必要です。

購入の約2週間後に、郵送でライセンスキーを記載した書類が届きました。

受取確認が必要なので注意。

ライセンス登録したら、更新の時のためにライセンスキーを記載した書類は保管しておきましょう。

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ