帰省時に、エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」に遭遇しました。

乗り換えの車両が偶然それだったので期せずしての搭乗となりました。

 

スポンサードリンク

 

お盆休みに山口の実家に帰省しました。

 

新幹線の予約をしたのが帰省の前日だったため、新大阪から新山口まで直通ののぞみが取れず、途中広島でこだまに乗り換える便を辛うじて予約しました。

広島駅での乗り換え時にホームに入ってくる車両を見てびっくり!

 

500 TYPE EVA こだま741号

 

エヴァンゲリオンの車両500 TYPE EVAことこだま741号でした。

何度か見たことはあったのですがまさか乗れるとは全く予想していなかったので慌てて写真を撮りまくりました。

 

500 TYPE EVA

 

 

 

500 TYPE EVAは新大阪博多間を1日1往復するこだま号。

あらかじめ運行時間が上記サイト内で公表されているので、僕が知らなかっただけでそれほどラッキーというわけでもないのですが、テンションが上がってしまいました。

 

残念ながら僕の乗った4号車は内装は普通のこだま号でした。

 

500 TYPE EVA内装

 

予約して抽選に当たれば1号車の展示体験ルームに入れるようです。

ファンの目当てはやはりここでしょうね。

 

1号車 500 TYPE EVA 展示・体験ルーム

 

内装は普通でしたが、扉にはNERVのロゴがありましたよ。

 

扉

 

そして新山口に到着。

 

案内チャイムはもちろん「残酷な天使のテーゼ」。

アナウンスは渚カヲルの声です。

動画を撮っておきました。

 

 

 

新山口駅にて

500 TYPE EVA 新山口駅にて

 

 

帰りにも遭遇

お盆休みを終えて大阪に帰るときにまたも新山口で遭遇しました。

 

再び遭遇

 

これまた偶然。

来たときと同じ時刻でしたね。

 

こちらは逆方向だったので乗れませんでしたが、入線の様子を動画に撮ったので上げておきます。

頭にちょっと遊びを入れてます(笑)

 

 

今度は狙って乗りたいな。

 

 

※当記事は、2017年8月20日に投稿した記事が消えてしまったので、2018年4月17日に再編集のうえ投稿したものです。

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ