山口県防府市の佐波川河川敷をウォーキング。

自然の中で開放感あふれる爽快ウォーキングを楽しみました。

 

スポンサードリンク

9月に山口・防府の実家に1週間ほど帰省していました。

 

帰省中でももちろんウォーキングは毎日続けます。

実家近くの佐波川河川敷をメインコースにして歩きました。

 

佐波川河川敷を歩く

一級河川佐波川

一級河川・佐波川。

 

防府市の中央を北東から南西に貫く佐波川(さばがわ)。

防府市内の流域でもその真ん中にあたる、新橋周辺のエリアを歩きました。

 

実際は新橋の西側と東側のルートを別の日に歩きましたが、まとめてご紹介。

 

歩行者自転車用道路

 

西側(下流)は河川国道事務所のあたりまで歩きました。

堤防の上の車道に対し、堤防下には歩行者自転車用道路が整備されているので安全に歩けます。

 

佐波川河川敷

 

このあたりは草の広場になっています。

野球は無理かもしれませんが、かなり広いので、たいていの遊びはできると思います。

いい天気の日にはレジャーシートを敷いて寝転がったりしてみたい。

 


別の日に、今度は上流の方へ。

こちらは白坂公園手前の水門のところまで。ここから上は堤防上の車道と合流します。

 

水門

 

もう少し上のサイクリングターミナルには、テニスの試合でよく行ったなあ…

 

上述の西端からこの東端あたりまでが佐波川沿いでは一番開けたコースなんじゃないかと思います。

 

自然の中を爽快ウォーキング

空が広い佐波川河川敷

 

河川敷を歩いた感想は、

空が広い!

 

堤防下を歩いていると、周囲に大きな建物がないので

(そもそも大きな建物自体がないというのは置いといて)

見えるのは川と山と空だけ。

 

特に下流に向かって歩くと山も遠いので、見渡す限り空。

さらに人が少ない朝の時間だと、この空間を独り占めしている気分。

 

佐波川

 

写真に撮ったけど、写真では伝えきれないほどの開放感でした。

この感覚はなかなか都会では経験できない。

今までは街中のルートを歩いていたけど、もったいないことしてた。

 

あまりに気持ちよすぎて、途中どこかで寝っ転がりたいと思ったけど、草原は犬の散歩をしてる人がいるし、堤防は角度が急すぎて無理だった。

 

佐波川の水がきれい

佐波川も水がきれい。

ツクツクボウシの鳴き声が、夏の終わりを感じさせます。

 

帰省中の半分くらいは曇りや雨だったけど、半分は晴れてくれました。

実家の近くなので、気候のいい時期に帰省したらぜひまた歩きたいと思う、最高に気持ちいいウォーキングができました。

(Googleマップでは堤防下のルートを設定できないので、堤防上の車道で設定しています。)

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ