約3年間毎日やっている5分スケッチに最近飽きてきているので、対策を考えてみた。

 

スポンサードリンク

5分スケッチに飽きてきている

毎朝の日課として、「5分スケッチ」を続けている。

 

「5分スケッチ」毎日やってます。 | toybucket blog

 

Instagramに投稿を開始してから本記事執筆時でもうすぐ3年を迎えようとしている。

スケッチブックは13冊目に達するほど毎日描いてきているが、正直最近ちょっと飽きてきている。

 

ネガティブな面

内的、外的あわせていろいろ要因はあるのだが、最近自身の5分スケッチに関して感じているネガティブな面を挙げてみる。

 

Instagramの投稿一覧がスケッチだらけ(というよりスケッチだけ)になる

いろいろな事情があって、最近あまりスケッチ以外の絵が描けていないし、描けたとしてもすべて載せられるわけではない。

5分スケッチは毎日やっているので、必然的にInstagramの投稿一覧に載る絵はスケッチの比率が高くなる。

高くなるというより、最近はほとんどスケッチだけだ。

それはそれで悪くないかもしれないけど、はたから見ると「スケッチを描いている人」という認識になっていないかと、ふと思った。

 

自分としては、「スケッチ(だけ)を描いている人」という認識は本意ではない。

 

イラスト作品を描く中で時々スケッチが載るのはいいけど、現状だとスケッチが完全にメインになってしまっている。

毎日コツコツやるのはいいけど、これは間違ったブランディングになってないか?と感じている。

 

いいねやフォロワーが増えないのでモチベーションが上がらない

一時期はそこそこいいねも多かったんだけど、最近はずいぶんと低空飛行。

フォロワーもここ1年くらいずっと横這いを続けている。

まあそれを気にしたらきりがないし、翻ってみれば自分もわりと惰性でいいね押したりしてるからあんまり気にしてもしょうがないとは思ってるんだけど。

それでも承認欲求満たされたいという思いは捨てきれない。

 

時間がない中で慌てて描いても進歩がない

毎日の生活の負担にならないように、さくっとできる5分スケッチを選んだんだけど、今ではそれが逆に、とりあえず済ませてしまおうみたいな感じになってしまって、投稿することが目的になり、トレーニングの意味合いが薄れている。

やりながら、これ本当に力になっているのかなと疑問を感じている。

 

素材として使えない

これは前にも書いたんだけど、写真を見て描くので、できあがったスケッチがよく描けたとしても、これを作品とするのはちょっと問題があるかも。

媒体名をハッシュタグにして投稿してるし、見る人が見ればわかるだろうから、著作権的にまずいところがありそう。

 

ポジティブな面

とまあ、ネガティブなことを挙げていくとどんどん気持ちが落ちていくけど、もちろんポジティブな面もある。

 

毎日手を動かすことができる

もともとの一番の目的はこれ。

筋トレと同じで、描かなかったら落ちていく画力を、毎日手を動かすことでキープしようという目的で始めたので、もしやっていなかったらという比較はできないけど、日々のスケッチを見れば、それなりにキープはできているのかな。

 

出来が良かった時は気分がいい

飽きてきているとはいえ、スケッチの出来が良かった時は気分がいい。

確率としては低い方だけど、これがあるから続けている。

 

Instagramやブログにおける生存報告

毎日やっているので、Instagramへの投稿も毎日更新される。

その投稿をブログにも自動転送しているので、ブログも毎日必ず更新される。

ブログの高い更新頻度は、SEO的には少しはプラスになっているんじゃないかな。

 

 

と、ポジティブな面も挙げてみたものの、ご覧のように数からしてポジティブをネガティブが上回っているからこそ飽きを感じているわけだ。

 

ここから脱却する方法は

今までと同じことを同じようにやっていても進歩はない。

ここから脱却するための方向性として考えたのはふたつ。

 

ひとつは今感じているネガティブな面を潰す、つまりネガティブな面を見方を変えてポジティブに変えていく。

いいねやフォロワー数は置いといて、問題はスキルアップとブランディング。

スキルアップに関しては、同じスケッチをするにしても、もっと自分の伸ばしたい部分を伸ばせるような素材選びだったり、都度テーマを変えて描くなど、目的意識を持ってやればまだ変えようはあると思う。

 

ただそういうことを考えながらやるのはそれなりに時間がかかるので、朝の慌ただしい時間じゃなくてもっと余裕のある時にやった方がいいかもしれない。

一時期は色を塗ったりもしたけど、あまり楽しくなかったので続かなかった。

 

ブランディングに関しては、スケッチの比率を下げたいなら他の絵を上げていくしかない。

スケッチじゃない絵は途中経過でも投稿してもいいかもしれないな。

もしくは、スケッチ自体は毎日やっても投稿を週1にするとか、こちらも手はありそうだ。

 

もうひとつの方向は、今の5分スケッチのやり方をやめて、新しいことをする。

もう3年やってきて、見たものをスケッチするのはそれなりにできるので、今度は新しいことをするのも手かもしれない。

もともと毎日できることとしてスケッチをやってきたので、日々の生活に負担の少ない、毎日できることがいいんだけど、今はまだそのアイデアがない。

 

こういうことを考えながら、アイデアが出ないうちは今のままを続けている。

続けられるから急いで解決策を出さなくて済むのが逆に厄介なところだ。

でもこの記事を書きながら少しずつアイデアが出てきた。

まだ何かしらやりようはあるはず。

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ