ブログデザインをリニューアルしました。

Twitterのプロフィール画像を決まったタイミングで自動的に変更する

IoT/自動化
スポンサーリンク

Twitterのプロフィール画像を、決まったタイミングで自動的に変更する方法です。

 

クリスマスシーズンにTwitterプロフィール画像を変更

僕のTwitterのプロフィール画像、ふだんはこの画像ですが、

クリスマス前になると

この画像に変更しています。

 

もう何年も前からやっているけど、時々変更するのを忘れて、クリスマス直前になって思い出すこともありました。

 

逆に、クリスマスを過ぎても元に戻すのを忘れてしまうことも。

クリスマスから大晦日にかけて時間の進むスピードは異常。

そんな中でクリスマスネタを放置しているのはけっこう寒いw

 

だからプロフィール画像の変更を忘れずにできるように、最近ではこの作業を自動化しています。

 

Twitterプロフィール画像を自動で変更する

12月1日の0時にプロフィール画像をクリスマスバージョンに変更して、クリスマスが終わる12月26日の0時に元のプロフィール画像に戻しています。

 

使っているのはIFTTT

  • クリスマスバージョンに変更するアプレット
  • クリスマスを過ぎて元のプロフィール画像に戻すアプレット

の2つを作ります。

 

最近IFTTTはサブスク化して、無料版ではオリジナルのアプレットを3つまでしか作れなくなってしまいました。

これだけで2つのアプレットを使うので、有料版のProにしたほうがいいかもしれませんね。

ちなみに僕はこのサブスク化のときに速攻でProにしました。

この記事の執筆時点で生きてるアプレットが88個あるので、使えなくなったら生活が激変してしまいます。

 

 

ではまず12月1日のほうのアプレットを作ります。

 

トリガーのチャンネルはDate & Timeを選択。

毎年1回のことなので、トリガーは”Every year on”を選びます。

そして日時を12月1日AM12:00(0:00)に設定。

 

アクションのチャンネルはもちろんTwitter。

アクションは”Update profile picture”を選びます。

次の画面で、変えたい画像のURLを「Photo URL」で指定します。

あらかじめ外部からリンクを貼れるオンラインストレージに変更前と変更後の画像ファイルを置いておきましょう。

僕はDropboxに画像を置いています。

 

Dropboxの場合、画像のリンクを取得するには、iPhoneアプリだとファイルの右の「…」から「リンクをコピー」するとリンクを取得できるので、これをペーストします。

 

 

この時リンクの末尾に”?dl=0”というパラメータが付いてきますが、これを削除しておいてください。

パラメータがあると正しく画像を取得できませんでした。

 

アプレット実行時に同時にツイートを飛ばすことができるので、なにか自動で言わせたいことを「Add a tweet」に入力しておきます。

飛ばせるツイートはテキストのみです。

オプションなので何も入れなくても可。

 

実際に12月1日が来ると、プロフィール画像が変更されてこのようなツイートが飛びました。

成功です。

 

12月26日のほうのアプレットもやることは同じです。

トリガーのDate & Timeで日時を12月26日 AM 12:00 にして、アクションの画像のURLに元の画像のURLを指定すればOK。

 

当然ですが、アプレット実行時にオンラインストレージに画像が存在しないと、リンク切れでアプレットの実行が成功しません。

間違って削除してしまわないように、ずっと素材を置いておくフォルダをひとつ作っておくといいです。

 

この記事の執筆時点で、12月26日のほうはまだ今年分が実行されていないですが、設定はちゃんとできていると思うからうまくいくはず…!

 

いろいろ応用も

Date & Timeのトリガーは年1回の他にも月1回とか1日1回などのトリガーがあるので、例えば昼と夜でプロフィール画像を変えるとか、季節ごとに変えるとかも可能です。

そのぶんアプレットの数は増えてしまいますが。

 

もちろんDate & Time以外の他のチャンネルをトリガーにすることもできるので、アイデア次第では面白いタイミングでプロフィール画像を変えることができると思います。

 

 

IoT/自動化
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
はらだよしのりをフォローする
スポンサーリンク
toybucket blog
タイトルとURLをコピーしました