【Illustrator】線幅プロファイルを維持したままパターンブラシを変更する

Illustrator&Photoshop
当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています

Illustratorで、線幅の値や線幅プロファイルを維持したままパターンブラシのブラシストロークを別のものに変更したいと思って、調べてみました。

 

スポンサーリンク

パターンブラシの挙動

まずは普通にブラシパネルのブラシをクリックして適用するときの挙動をおさらい。

 

ブラシ未適用の状態からブラシをクリック

【BEFORE】ブラシ未適用のオブジェクトに、線幅の値と線幅プロファイルを設定します。


ブラシパネルのブラシをクリック

【AFTER】

●線幅の値は、その時にオブジェクトに設定している線幅の値にかかわらずデフォルト値(1pt = 0.353mm)に戻ります。

●線幅ツールを使用するなど線幅プロファイルを設定している場合、線幅プロファイルは解除されてデフォルト(均等)に戻ります。

●線の色はブラシ適用前に設定していた色で、ブラシの「着色方式」に基づいて見た目が変化します。

 

ブラシ適用時に別のブラシを選択

【BEFORE】上記のブラシを適用した状態から、線幅の値と線幅プロファイルを設定し直しました。


別のブラシをクリック

【AFTER】

●線幅の値は維持されます。

●線幅プロファイルは解除されます。

●線の色は維持されます。元のブラシと変更後のブラシで着色方式が違っている場合は、変更後のブラシの着色方式が適用されます。

(画像にはありませんが、元のブラシの着色方式は「なし」、変更後のブラシは「色相のシフト」になっています。)

 

ここで問題が。

一度設定したブラシを別のものに変更しようと思うと線幅プロファイルが解除されてしまうので、もう一度線幅プロファイルを設定し直さないといけないのか?

線幅ツールを使って手動で線幅を変更していたら、またちまちまと設定し直さないといけないのか?

線幅プロファイルを維持したまま別のブラシに変更することはできないのか?

 

スポンサーリンク

線幅プロファイルを維持したままブラシを変更する

そんな時は、Option+クリックで新しいブラシを選択するとOK。

 【BEFORE】


別のブラシをOption+クリック

【AFTER】

●線幅の値は変更されます。どうやら見た目のサイズが変わらないように線幅の値が調整されるようです。

(この例で使用したブラシは元々のサイズがこのくらい違うので、線幅の値が大きく変わりました。)

●線幅プロファイルは維持されます。

●線の色も維持されます。ただ、元のブラシと変更後のブラシで着色方式が違っている場合は、元の着色方式が維持されます。

今回使用したブラシでは、元のブラシの着色方式が「なし」、変更後のブラシは「色相のシフト」でした。ブラシパネルのメニュー「選択中のオブジェクトのオプション…」を見てみると、このオブジェクトに関しては「なし」のままになっています。

注意点

これでわざわざ線幅や線幅プロファイルを再設定する必要がなくなるので便利!

…と言いたいところですが、注意点があります。

 

Option+クリックでブラシを適用したオブジェクトを選択した状態で、再度ブラシを(Optionなしで)クリックすると、ふつうにブラシを適用した時と同様、線幅プロファイルが解除され、新しいブラシの着色方式が適用されます。

線幅プロファイルが解除されて、着色方式が「色相のシフト」に変更されました。

間違えてブラシをクリックしてしまわないように注意が必要です。

デザインが確定したら「アピアランスを分割」もしくは「パスのアウトライン」でアウトライン化しておくとよいでしょう。

 

なお、ブラシ未適用の状態からOption+クリックをしても結果は通常クリックと同じです。

 

ブラシ適用時の挙動まとめ

ブラシ適用時の挙動をまとめてみました。

  ブラシを新規適用 別のブラシを
クリック
別のブラシを
Option+クリック
線幅の値 デフォルト(1pt=0.353mm)に戻る 維持 見た目のサイズを維持
するように変更?
線幅
プロファイル
解除 解除 維持
着色方式 ブラシの着色方式が
適用
新ブラシの着色方式が
適用
元ブラシの着色方式を
維持

 

よく考えると不思議な挙動

ひと言で表すと、Option+クリックでは

他の設定を維持したまま、ブラシの設定だけを変更する

と言えばいいでしょうか…?

(線幅の値や線幅プロファイルは「線」パネルにあり、ブラシに関係なく設定できるので)

 

しかし、

  • 新規適用の時だけ線幅の値がデフォルトに戻る
  • 新しいブラシを適用すると線幅プロファイルが解除される(線幅プロファイルは「線」の設定なのに)
  • Option+クリックで元の着色方式が維持される(着色方式は「ブラシ」の設定なのに)

このあたりの挙動が矛盾します。

仕様だから(Adobeだから…)といえばそれまでですが、線オプションとブラシオプションの関係が曖昧な気がします。

 

ちなみに、ブラシストロークを削除(「基本」ブラシを適用)しても線幅プロファイルは解除されません。

これも不思議。

 

なお、パターンブラシ以外のブラシでのOption+クリックの挙動も調べてみましたが、ややこしすぎるのでここでは省略します。

 

スポンサーリンク

 

 

Illustrator&Photoshop
この記事が役に立った/気に入ったら
ぜひ「いいね!」してください!
最新情報をお届けします。
ブログを応援したい!と思ったら

記事が役に立った!面白かった!/ブログを応援したい! と思っていただけたら、こちらのボタンからいろいろな形で応援していただけます。

この記事をシェアする
ハミングスタジオブログ
タイトルとURLをコピーしました