2015年に入ってから、ライフログをとるようになりました。

TwitterやFacebookなどのSNSを始め、Foursquareのチェックイン履歴、読んだ本の履歴、等々を、Evernoteで一元管理しています。

 

スポンサードリンク

 

それぞれのサービスごとにノートブックを作ってノートを追加していくのと同時に、毎日の記録を「1日1ノート」でまとめています。

このノートを見れば、その日の活動を流れとして見ることができて便利です。

 

Evernoteでライフログを「1日1ノート」にまとめる方法は、下記のブログを参考にさせていただきました。

ありがとうございます。

 

 

しかし僕には不満があった

最初は上記記事のとおり、日付が変わったら自動で新しいノートを作るという方法で設定してみたのですが、僕には不満がありました。

それは、

「俺の一日、12時じゃ終わんなくね?」

 

最近僕が寝る時間は午前1時頃。

12時をまたいだツイートなんかが、12時前までのがあっちのノートに、12時過ぎたのがこっちのノートに、というのはやっぱり変。

じゃあ「日付が変わったら」のところを「午前1時」に設定すればいいと思うけれど、もちろん日によって寝る時間には変動があるし、休みの日なんかはもっと遅くなることも。

 

そこで考えたのが、

「自分にとって1日の終わりは寝るときなんだから、寝るタイミングで新しいノートを作ればいいんじゃないか?」

ということ。

 

Sleep Meister

ここで登場するのが、睡眠ログアプリ。

僕はSleep MeisterというiPhoneアプリを使用しています。

 

 

このアプリは、寝る前にアラームを設定すると、設定時間の前の一番眠りの浅い時にアラームを鳴らして起こしてくれます。

さらに、アラームを設定したとき(計測開始)、眠りについたとき(入眠)、途中で目が覚めたとき(中途覚醒)、アラームが鳴ったとき(計測停止)のそれぞれであらかじめ設定した内容のテキストをTwitterに飛ばすことができます。

 

Sleep Meister×Twitter×IFTTT×Evernoteの合わせ技!

このツイート機能を利用することにしました。

「入眠」の時にハッシュタグを付けてツイートし、そのハッシュタグをIFTTTのTwitterトリガーで検出させればいいのです。

 

具体的な方法はこちら。

 

Sleep Meisterの自動ツイート設定ボタンから、

 

「入眠」をオンにして、

 

その下のツイート内容に適当なハッシュタグを設定します。

僕は「#GoodNight」というハッシュタグを設定しました。

 

次はIFTTT。

「Create a Recipe」から、

 

 

「this」→トリガーにTwitterを選んで、「Choose a Trigger」で「New tweet by you with hashtag」を選ぶ。

 

先ほどSleep Meisterに設定した「#GoodNight」を入力。

 

あとは先ほどのリンク先の記事と同じですね。

「that」→アクションにEvernoteを選び、「Choose an Action」で「Create a note」を選んで内容を入力すればOK。

 

これで、あなたが眠りについた時に翌日の記録用の新しいノートが作成されます。

僕は上記のように入眠のタイミングでツイートを飛ばしていますが、「計測開始」のタイミングでツイートを飛ばしてもよいと思います。

 

理想の「1日1ノート」完成

 

上の画像のように、眠りについたタイミングで次の日のノートが作られています。

その日のノートの最初のログはSleep Meisterから飛ばされたツイートになっていますね。

寝ている間は自ら手作業で情報を飛ばすことはないので、この方法を使えば、眠る=1日の区切りという、自分の意識の中でも区切りのよいノート作りができるのではないでしょうか。

 

これでまたライフログが捗ります。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ