Uber Eatsの注文をした時に、配達してくれるドライバーがよく迷ってしまうという人はここをチェックするといいかも。

 

スポンサードリンク

 

Uber Eatsで注文したら

自宅の周辺が最近Uber Eatsのサービス対象エリアになったので注文してみた。

 

注文はiPhoneアプリから。

 

注文すると、アプリでドライバーの位置情報が見られて、リアルタイムで位置情報が更新されていく。

自転車のマークが動いてだんだん近づいているのがわかる体験は新しい。

 

 

もうそろそろと思ってアプリを見ていたら、自宅近くでちょっと迷っているみたいだった。

しかしすぐに動き出して、到着。

 

受け取りの時にドライバーの人に

「ちょっと迷いました?」と聞いたら、

「ピンの位置がずれてて」と答えてくれた。

ちゃんと住所は入力したはずなのに。

 

ドライバーが配達先を迷わないようにするには

ピンの位置がずれていた原因は、僕の住所の入力のしかただった。

 

Uber Eatsアプリの配達先入力欄。

 

住所の入力をするとき、途中まで入力すると「〇〇町」みたいな候補が出てきたのでそれを選び、その後その下の行の「丁目または番地」に番地を入力していた。

 

しかし実はドライバー側には最初の住所入力欄の情報だけでマップにピンが立つ。

ここに町名までしか入れていなかったので、町名でピンが立ってしまっていたのだ。

広い町だと住所と全然違う場所にピンが立ってしまうということもあり得る。

 

 

その下に「丁目または番地」を入力する欄があるので、上の住所入力欄は町名まででいいだろうと思ってしまうが、「丁目または番地」の情報はドライバー側の位置検索には使われない。

 

自宅など希望の配達先と違う場所にピンが立たないようにするためには、

住所入力欄に番地まで入力しておく必要がある。

 

入力途中で候補が出たらそれを選べばOKと思ってしまいそうなので、そういう意味では入力欄が紛らわしい。

ここは改善してほしい。

 

じゃあ「丁目または番地」欄は入力する必要がないのか?と思うけど、ここもちゃんと入力していないとそもそも注文ができない。

番地は両方の入力欄に重複させておくのがいいみたい。

 

ちゃんと住所を入力しているはずなのになぜかドライバーがいつも迷うんだよなーという人はここをチェックしてみよう。

 

Uber Eats便利

 

今回は最初だからプロモーションコード(クーポン)を使ってお得に注文できたが、通常は配送手数料も含めるとやっぱりまあまあの値段だ。

でもいろいろなお店をスマホで選べるのは便利だし、わざわざお店に行くことを考えるとそんなに割高でもないのかもしれない。

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ