【iOS 16】ロック画面のバッテリーウィジェットに表示されるデバイスを固定する方法

iPhone/iPad

iOS 16で登場したロック画面のウィジェット表示。

バッテリーウィジェットで表示されるデバイスを特定のデバイスに固定させる方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

iOS 16がリリース

iOS 16がリリースされました。

 

目玉機能のひとつが、ロック画面のカスタマイズ。

壁紙や時計表示を細かくカスタマイズできるようになりましたが、さらにロック画面にもウィジェットを配置することができるようになりました。

 

そのロック画面ウィジェットの中のバッテリーウィジェット。

普通にウィジェットを配置すると、Apple Watchを使っている人はApple Watchのバッテリー残量が表示されます。

 

さらに、AirPodsを装着すると自動でAirPodsの残量が表示されます。

 

Apple WatchやAirPodsは持っているけど、iPhone自体の残量を表示させることはできないのか。

もしくは常に同じデバイスの残量を表示させることはできないのか。

 

答えは「できます」。

以下でそのやり方を紹介します。

 

スポンサーリンク

ロック画面のバッテリーウィジェットに残量表示させるデバイスを固定させる方法

(スクショの時間表示がバラバラなのはご容赦ください。)

 

ロック画面を長押しして「カスタマイズ」を押し、カスタマイズモードにします。

バッテリーウィジェットを配置していない場合は、まずは普通にバッテリーウィジェットを配置します。

ここでは横長と円形の両方を配置してみました。

Apple Watchを使っているので、Apple Watchの残量が表示されています。

 

この状態からウィジェットをタップすると、追加できるウィジェットの一覧が表示され、ウィジェットの編集画面になります。

 

上の画面の状態から、配置したバッテリーウィジェットをもう一度タップすると、下のようにバッテリーウィジェットの設定画面が表示されます。

 

デフォルトで「自動」がオンになっているので、オフにするとその下に「デバイス」の項目が表示されます。

 

デバイス名をタップすると設定できるデバイスの一覧が表示されるので、ウィジェットに表示させたいデバイスを選びます。

 

表示させたいデバイスを選択できていることを確認して、右上の×を押して終了します。

 

これで残量を表示させるデバイスを固定させることができます。

横長、円形の両方ともiPhoneを表示するように設定してみました。

Apple Watchを装着した状態ですが、iPhoneの残量が表示されています。

 

iOS 15まではホーム画面をスワイプして表示されるTodayウィジェットにバッテリーウィジェットを表示させていましたが、iOS 16のロック画面のバッテリーウィジェットと併用すると残量がいつでもわかって便利ですね。

 

AirPodsの表示は

上の例ではiPhoneとApple Watchが表示されていますが、AirPodsを装着した状態だとデバイス一覧にAirPodsとケースも表示されます。

AirPodsを固定表示するように選んだ状態でAirPodsを外してケースに入れると、「未接続」と表示されます。

 

 

iPhone/iPad
この記事が役に立った/気に入ったら
ぜひ「いいね!」してください!
最新情報をお届けします。
ブログを応援したい!と思ったら

記事が役に立った!面白かった!/ブログを応援したい! と思っていただけたら、こちらのボタンからいろいろな形で応援していただけます。

スポンサーリンク
このブログの著者
はらだよしのり

メインの活動は絵を描く人。
ウェブサイト humming studio - はらだよしのりイラストレーションワークス - にて活動や作品を公開しています。イラスト関連に限らず、MacやiPhoneに関連した記事やその他自分の体験した出来事の記事などオールジャンルで更新していきます。

はらだよしのりをフォローする
 
はらだよしのりをフォローする
ハミングスタジオブログ
タイトルとURLをコピーしました