【iOSオートメーション】自転車に貼ったNFCタグでサイクリングワークアウトを開始する

IoT/自動化
スポンサーリンク

NFCタグを自転車に貼って、iPhoneをかざすと自動でサイクリングワークアウトを開始するオートメーションを作ってみた。

 

スポンサーリンク

サイクリングワークアウトをよく忘れる

自転車に乗るときに、Apple Watchのサイクリングワークアウトを開始するのをよく忘れる。

忘れてなくても、自転車に乗る前にApple Watchからワークアウトを起動してサイクリングを選択するのも結構な手間。

 

そこで、NFCタグを自転車に貼って、iPhoneをかざすと自動でサイクリングワークアウトを開始するオートメーションを作ってみた。

目につくところに貼っておけば、自転車に乗るときに嫌でも目に入るので思い出すだろう。

 

スポンサーリンク

オートメーションを作る

「+」から「個人用オートメーションを作成」>「NFC」

 

 

「スキャン」をタップしてiPhoneを新しいNFCタグにかざすと名前の入力を促されるので、適当な名前をつける。

ここでは「自転車NFCタグ」とつけた。

 

 

アクションで「ワークアウトを開始」を追加。

「サイクリング」でワークアウトを「フリーゴール」で開始 とする。

 

 

「実行の前に尋ねる」をオフにしておく。

 

 

自転車にNFCタグを貼る

あとはこのNFCタグを自転車に貼る。

 

最初、自転車のステムの部分に貼ったら動作しなかった。

NFCタグは性質上、金属面に貼ると反応しないので、金属製フレームの自転車では本体に貼れない。

仕方ないので金属でない面を探して、ライトの電池ふたに貼ることにした。

 

 

実行

サイクリングの前にこのタグにiPhoneをかざすと、Apple Watchのワークアウトが自動的に実行される。

 

 

サイクリングの時はiPhoneをスマホホルダーに取り付けているので、「iPhoneをNFCタグにかざしてワークアウトを開始してからそのままスマホホルダーに取り付ける」という流れがスムーズ。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました