【iOSショートカット】電子レンジのW数の違いによる加熱時間を換算する

IoT/自動化
スポンサーリンク

食品の電子レンジでの加熱時間があるW(ワット)数で表記されているときに、W数が違ったら加熱時間は何分になるのかを換算してくれるショートカットです。

 

スポンサーリンク

電子レンジのW数による加熱時間の違い換算するショートカット

↓ダウンロードはこちらから↓

電子レンジW数変換

 

スポンサーリンク

使い方

デフォルトでは元のW数が500W、換算後のW数が600Wになっています。

市販の食品などでは500Wでの加熱時間が表記されていることが多いので、自宅の電子レンジが600Wだったらこのまま使用することができます。

 

ショートカットを実行すると、時間入力を要求されるので、食品に表記されている加熱時間を(分・秒)で入力してください。

 

あとは自動で計算して、換算後のワット数での加熱時間を表示します。

 

元のW数と換算後のW数を変えたい場合

ショートカットアプリで開きます。

冒頭のテキスト2つでそれぞれのW数を設定しているので、適当なW数に変更して使ってください。

 

電子レンジのW数と加熱時間の関係

電子レンジのW数と加熱時間の関係は、

W数と加熱時間の積が常に一定

となります。

 

ある食品の加熱時間が500Wで3分としたら、500(W)× 180(秒)= 90,000 。

W数が600Wになったら、600(W)× t(秒) = 90,000 になるので、

t = 90,000 ÷ 600 = 150 = 2分30秒 になります。

 

このショートカットでは上の計算をやっています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました