こんにちは。

iPhone 6sのSIMフリー版を買いました。

予約開始日にMacの前に張り付いて、発売日当日到着分の予約をゲットしました。

到着したらそのままMVNOに移行するつもりでしたが、auの誰でも割更新月の関係で、9月中の解約は誰でも割の解除手数料10,260円がかかってしまうと言われました。

仕方がないので、9月中はそれまでiPhone 5sで使っていたauのSIMカードを挿して使うことにしました。

 

スポンサードリンク

iPhone 6sが届いた。

SIMフリー版iPhone 6s

 

発売日当日なので、auのSIMカードが新しいiPhoneで動くかは分からなかったし、auも動作保証していない状態でしたが、そんなことお構いなしにauのSIMカードを挿してみました。

 

一応挿し方をご紹介。

 

iPhoneに付属のこのピンを、iPhone側面にあるSIMスロットの穴に挿して、強めに押しこむと、

ピンをSIMスロットの穴に挿して強めに押しこむ

 

SIMスロットが出てきます。

SIMスロットが出てきます

 

iPhone 5sの方も同じようにして、auのSIMカードを取り出します。

事前に電源はOFFにしておいてくださいね。

 

SIMカードをiPhone 6sに入れて、スロットを挿入すればOK。

SIMカードを入れてスロットを挿入

 

電源を入れてしばらく待つと、

左上にauの表示

 

左上にauの表示が。
使用にも問題はないみたいです。

SIMフリーiPhone 6sでauのnano-SIMは使用可能のようです

10月1日にMVNOに移行するまでの約5日間この状態で使いましたが、特に不具合はありませんでした。MVNO移行予定でauの更新月はまだだけど新iPhoneが欲しいという方は、とりあえず今のauのSIMカードを使うことはできるようです。

ただし、iPhone 4sまでのmicro-SIMはiPhone 6sでは使用できない(サイズが違うのでそもそも入らない)のでご注意を。

注意
この記事は、SIMフリーiPhone 6sでのau SIMの動作を保証するものではありません。
何か不具合が起こっても自己責任でお願いします。

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ