【iOS 11版】Apple Pencilの充電を長持ちさせる方法

iPhone/iPad
スポンサーリンク

「Apple Pencilの充電を長持ちさせる方法」のiOS 11版です。

iOS 10の時と方法が変わりました。

 

 

2021.10.14追記

iPadOS 15で検証した記事を投稿しました。

これまでとは挙動が違っていますので、iPadOS 15をご利用の方はこちらをどうぞ。↓

【iPadOS 15】Apple Pencil(第1世代)の充電を長持ちさせる方法。今までと少し違う? | ハミングスタジオブログ

 

 

iOS 10のときに「Apple Pencilの充電を長持ちさせる方法」という記事を書きました。

iOS 10Apple Pencilの充電を長持ちさせる方法 – ハミングスタジオブログ

 

長持ちさせるというより、Apple Pencilを使用しないときの無駄なバッテリー消費を抑える方法で、結論から言うと「Bluetoothを切/入してApple Pencilの接続を切る」というものなのですが、iPadのOSがiOS 11になってこの方法が変わりました。

 

iOS 11では、Bluetoothを切ると「バッテリー」ウィジェットのApple Pencilの表示は消えますが、再びBluetoothをオンにすると「バッテリー」ウィジェットにApple Pencilが表示されてしまいます。

このままだとApple Pencilのバッテリーは減っていってしまいます。

 

スポンサーリンク

iOS 11では「機内モード入/切」

iOS 11では、Bluetoothを切る代わりに、「機内モード」を入/切します。

機内モードは、コントロールセンターのここのボタンをタップして切り替えます。

 

「機内モード」ボタンをタップ

 

コントロールセンターは画面の下端から上へスワイプすれば出てきます。

これは機内モード=オフの状態。

一度オンにした後、もう一度タップして機内モードをオフにすると、Apple Pencilのバッテリー残量表示は消えたまま。

 

Apple Pencilのバッテリー残量表示は消えたまま

 

iOS 10の時と同じようにバッテリー消費を節約できます。

 

 

iPhone/iPad
この記事が役に立った/気に入ったら
ぜひ「いいね!」してください!
最新情報をお届けします。
はらだよしのりをフォローする
スポンサーリンク
ハミングスタジオブログ
タイトルとURLをコピーしました