いざApple Pencilを使おうと思ったら充電が少ししか残っていない…

とお困りの方に、Apple Pencilの充電を長持ちさせる方法。

 

スポンサードリンク

Apple Pencil  

2017.12.2追記

iOS 11版書きました!

iOS 10とは挙動が違っていますので、iOS 11をご利用の方はこちらをどうぞ。↓

【iOS 11】Apple Pencilの充電を長持ちさせる方法 – toybucket blog

 

iPad Pro 9.7インチ+Apple Pencilを使っています。  

 

 

 

Apple Pencilは充電式で、iPad ProのLightningコネクタに直挿し、もしくは付属のアダプタを使ってLightning-USBケーブルに繋いで充電する方法があります。

 

iPad Pro で Apple Pencil を使う – Apple サポート

 

このApple Pencilですが、使わなくてもいつの間にか結構バッテリーを消耗してしまうので、 ちょっと何か書こう(描こう)かなーと思った時には充電がない…なんてこともよくあります。

iPadのバッテリー残量が十分あるときにはLightning直挿しで急速充電されますが、それでも一瞬というわけにはいかないです。

 

使わないときには電池の消耗を抑えたい、という場合には、こんな方法が。  

 

Apple Pencilの接続を切る

使わなくてもApple Pencilの電池が消耗するのは、iPad本体とBluetooth接続されているから。

だったら使わないときには接続を切ってしまえばいいのです。

 

簡単に接続を切る方法は、画面下から上にスワイプしてコントロールセンターを出し、その中のBluetoothボタンをタップしてオフにするだけ。

それでも他の機器でBluetooth接続が必要なら、もう一回タップしてオンにします。

普段はBluetoothをオンにしておいたほうが便利でしょうから「Bluetoothボタンを2回タップ」と覚えておきましょう。

 

Bluetoothをタップしてオフ→もう一度タップしてオン  

 

一度目のタップでBluetooth接続を切ると、もう一度BluetoothがオンになってもApple Pencilは自動接続されません。

画面上から下にスワイプして通知センターのウィジェットを見たときにApple Pencilのバッテリー残量が表示されないときは、接続が切れています。

 

Apple Pencil接続時。バッテリー残量が表示されています。

Apple Pencil未接続時。バッテリー残量が表示されません。

 

そして、いざ使うときになったら、Apple PencilのLightningコネクタをiPadに挿して再接続するだけ。

Bluetoothマークが点滅→点灯して接続されます。

 

Bluetoothアイコンが点滅→点灯してApple Pencilが接続されます。  

 

これで不要なバッテリー消耗が抑えられます。  

 

 

2019.10.8追記

iPadOS 13で検証した記事を書きました。

【iPadOS 13】Apple Pencil(第1世代)の充電を長持ちさせる方法 | toybucket blog

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ