MacBook Airで親指シフト – 親指シフト習得への道〜その5

Mac/PC
スポンサーリンク
MacBook Airを購入したので、親指シフト入力環境を整えました。

 
スポンサーリンク

MacBook Airで親指シフト

ここにきて1年以上ぶりの「親指シフト習得への道」の更新。

これまで入力作業は主にiMacでやっていましたが、この度MacBook Air(MBA)を購入したので、自宅以外でも作業が可能に。

iMacで導入している親指シフトの入力環境を、MBAでも導入しました。

 
Karabiner(旧KeyRemap4Macbook)をインストール→orzレイアウトの設定はiMacの時と同じ。
親指シフトの練習始めました! | ハミングスタジオブログ

 
ノートPCなので、ホームポジションのマークはiMacで使っているものと同じものは使えません。

ものくろさんの教えの通り、ゴムシートを購入しました。

 
 
両面テープを貼ってからくり抜くわけですが、こういう2穴パンチの機械を使ってくり抜きました。

 
 
ご家庭やオフィスなんかによくあるハンディサイズの2穴パンチだと、くり抜いたものが取り出しにくいのでご注意を。

 
ゴムシートをくり抜く

 
ゴムなのでちょっとくり抜きにくかった。

 
キーに貼ってみた

 
左右のホームポジションと、iMacと同様「さ」と「ら」の位置にもマークを貼って、なんとか完成。

 
スポンサーリンク

MBAのほうが入力しやすい?

KarabinerはMBA購入後すぐインストールして、このマークをつける前から親指シフトで入力しています。

気のせいかもしれませんが、MBAのほうがなんとなくiMacより入力しやすい気がします。

iMacで使用しているApple Keyboardについてる傾斜がMBAにはないので、その違いでしょうか。
マークをつけてさらに打ちやすくなるかな?

 

で、習得できたの?

…と訊かれれば、まだ発展途上と言っておきましょう…

ブログを書くのはMacだけでなくiPhoneやiPadでもやっていて、iOSではフリックもしくはローマ字入力だからですかね。でも入力を間違える回数も随分減りましたし、速さもだいぶ速くなってきました。

MBAでもがんがん書いていきましょう。

 
Mac/PC
この記事が役に立った/気に入ったら
ぜひ「いいね!」してください!
最新情報をお届けします。
はらだよしのりをフォローする
スポンサーリンク
ハミングスタジオブログ
タイトルとURLをコピーしました