DJアプリ「Serato DJ Pro」を使ってiTunesライブラリの楽曲のBPMを調べて、その値をiTunesのメタタグに上書きします。

 

スポンサードリンク

 

下記の記事で、iTunesの楽曲のBPMを入力して、ウォーキングに合ったプレイリストを作る方法を紹介しています。

 

iTunesライブラリ内の楽曲のBPMを解析して、ウォーキングに最適なプレイリストを作る! – toybucket blog

 

その中で使うアプリの使い方を、リンクを紹介することで省略していたのですが、リンク先のページが消えていたのと、アプリ自体のバージョンが新しくなっていて、自分でもやり方がわからなくなっていました。

 

改めて新アプリ「Serato DJ Pro」でやってみたので、Serato DJ Proを使ったBPMの入力のしかたをまとめました。

※それ以外の使い方については一切わからないので(笑)、ここでは触れていません。

 

BPM解析のしかた

 

Serato DJ Proはこちらでダウンロードできます。

 

Download – Serato DJ – DJ Software

 

起動すると、iTunesライブラリのプレイリスト一覧が表示されるので、

  1. BPMを調べたいプレイリスト(もしくはライブラリ全体)を選択
  2. 右カラムにプレイリスト内の曲一覧が表示されるので、曲を選択します。
    プレイリスト全体を調べる場合は、右カラム内の曲を全選択します。
  3. 選択した曲を、カラム上の「ファイル分析」という小さいボタンにドラッグ&ドロップすると、自動的に解析が始まります。

 

1.プレイリストを選択、2.曲を選択、3.ここにドラッグ&ドロップ

 

極端に短い曲や語り(セリフ)の入った曲など、楽曲によってはBPM解析できないものもあります。

一緒に楽曲のキーも解析されますが、こちらは最終的にはiTunesには記録されないみたい。

 

解析結果をiTunesに反映

全ての曲を解析したら終了…ではなく、もうひと手間必要です。

 

今度はiTunesのほうで、対象の楽曲を一度再生することで、iTunesに反映されます。

最後まで再生する必要はなく、ちょっと再生されただけでBPMの数値が表示されるので、連続でスキップボタンを押していけばいいです。

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ