Facebook用のサムネイル画像(OGP)をiPhoneアプリ「Adobe Spark Post」で簡単に制作して、WordPressにアップロードします。

 

スポンサードリンク

 

毎日やっている5分スケッチ。

 

Instagramに投稿したら自動的にこのブログに「きょうのスケッチ」の記事が投稿されるようにしています。

(ブラグインIntagrate Pro(有料)を使用しています)

 

さらに、記事が投稿されると自動的にFacebookページにその記事へのリンクがシェアされるようにしています。

 

しかし、このままだとFacebookページの画像(OGP)がInstagramに投稿した画像(正方形)のままなので、変なところで切れてしまって、これでは不格好。

 

そこで2018年9月から、OGP画像をちゃんと設定するようにしました。

ブログにはAll in One SEO Packが入っているので、記事ごとにOGP画像の設定はできるのですが、毎日朝の時間に投稿しているので、Macを開いて画像を作ってアップするのはかなり手間。

そこでiPhoneでOGP画像を作ってそのままアップロードするようにしました。

 

手順

  1. Instagramに投稿
  2. Adobe Spark PostでOGP画像を制作
  3. WordPressにアップロードして記事を更新

 

1.Instagramに投稿

通常どおり投稿します。

上述のとおり、プラグインによって、ブログに自動的に新規記事が投稿されます。

 

2.Adobe Spark PostでOGP画像を制作

OGPの制作にはAdobe Spark Postを使います。

Adobe Spark Post – Adobe 

 

Adobe Spark Postにはあらかじめ様々なSNS用のテンプレートが用意されています。

サイズ選択のところで、SOCIAL POSTから 「FACEBOOK」を選びます。

 

 

このテンプレートを使えば、画像が切れることなくぴったりのサイズで掲載されます。

他のSNSに投稿する画像を作る際も、いちいちサイズを調べなくていいので便利です。

 

 

必要に応じて文字等を入れて、完成したら「Share」から「Save image」でカメラロールに保存。

 

毎回イチからやるのは面倒なので、僕は一度作った画像を複製して使い回しています。

 

3.WordPressにアップロードして記事を更新

iPhoneのSafariで、

WordPressの管理画面>投稿>投稿一覧 から投稿を選択。

投稿内のAll in One SEO Pack設定の「ソーシャル設定」>「画像」の下の「画像をアップロード」ボタンをタップ。

 

 

ファイルをアップロード>ファイルを選択>フォトライブラリをタップして、先ほど作成したOGP画像を選択してアップロードしたら、投稿を更新。

 

iPhoneからWordPressの管理画面を触るのはかなりしんどいですが、この程度なら問題ないでしょう。

 

確認

Facebookページへのシェアを手動で行う場合はゆっくりやればいいですが、僕の場合は上述のようにFacebookページへのシェアを自動で行っているので、自動シェアが完了するまでにやらなければいけません。

 

確認のため、先ほどのAll in One SEO Pack設定にある「投稿をデバッグ」ボタンをタップしてチェック。

開いたページで「!この投稿はまだFacebookでシェアされていません」というアラートが出れば、まだ自動シェアがされていないのでオッケー。

 

もし先にFacebookページへの自動シェアが完了してしまった場合は、ここからさらに、すでにシェアされたリンクへの反映の作業をしなければいけません。

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ