【iOSオートメーション】iOS 15でAppが「開いている」トリガーがロック解除時に発動しない仕様になったみたい

IoT/自動化

iOS 15のオートメーションで、Appが「開いている」トリガーがロック解除時に発動しない仕様になったみたいだ。

 

スポンサーリンク

朝のルーティーン

起床時に朝のルーティーン的なアクションを実行するオートメーションを組んでいる。

 

iOS 15 になって、このオートメーションがうまく実行されなくなった。

そもそもオートメーションのトリガーが発動していないようだったので、原因を探ってみた。

 

スポンサーリンク

ロック解除時にAppが「開いている」トリガーが発動しない仕様になったみたい

どうやら、iOS 15へのアップデートに伴い、

アプリを起動したままロックをかけて、その後ロックを解除してもAppが「開いている」トリガーが発動しない

という仕様になったようだ。

 

(Appが「開いている」トリガー)

 

上記のオートメーション、もともとのオペレーションでは、Sleep MeisterのアラームをセットしてそのままiPhoneをロック。

朝になってアラームが鳴るとアラームを止める動作でロックが解除されて、Sleep Meisterが起動した状態になることをトリガーとしていた。

だから今回の仕様変更によって、このオペレーションではAppが「開いている」トリガーを発動させることができなくなった。

 

ロック/ロック解除をはさんでも、アプリがずっと起動し続けているとみなされるようになったのだろうか。

 

対処法

対処法としては、一旦ホーム画面に戻ってからロックをかけておくこと。

 

一度ホーム画面に戻っていれば、朝になってSleep Meisterのアラームが鳴り、アラームを止めるときにアプリが起動すると、Appが「開いている」とみなされるので、トリガーが発動する。

これで一応動作はするようになったが、手動でホーム画面に戻すのを忘れて寝てしまうと朝のトリガーが発動しないのでちょっと危険。

 

これも自動化したいのだけど、今は就寝時にはGoogle Homeに「おやすみなさい」と言うことで就寝時のアクションを発動させているので、これでiPhoneをコントロールすることはできない。

「おやすみなさい」をSiriに言うようにすればできなくはないけど、ほとんどSiriは使っていないから要検討だ。

 

 

IoT/自動化
この記事が役に立った/気に入ったら
ぜひ「いいね!」してください!
最新情報をお届けします。
ブログを応援したい!と思ったら

記事が役に立った!面白かった!/ブログを応援したい! と思っていただけたら、こちらのボタンからいろいろな形で応援していただけます。

スポンサーリンク
このブログの著者
はらだよしのり

メインの活動は絵を描く人。
ウェブサイト humming studio - はらだよしのりイラストレーションワークス - にて活動や作品を公開しています。イラスト関連に限らず、MacやiPhoneに関連した記事やその他自分の体験した出来事の記事などオールジャンルで更新していきます。

はらだよしのりをフォローする
 
はらだよしのりをフォローする
ハミングスタジオブログ
タイトルとURLをコピーしました