キャメルバックポディウムのキャップを交換

サイクリング

キャメルバックポディウムのキャップが古くなってきたので、キャップを交換した。

 

スポンサーリンク

キャメルバックポディウムフィットネスリプレイスメントキャップ

自転車に乗るときの水分補給にキャメルバックポディウムチルを使っている。

キャメルバックポディウムチル710ml+マッドキャップ でサイクリング中の水分補給が楽しくなった
サイクリング時の水分補給のために、自転車用ボトル・キャメルバックポディウムチル710mlを購入しました。

 

長い間使用してきて、特にキャップの部分がかなり古くなってきた。

ボトル本体は十分に使えるので、キャップのみを買い替えた。

 

Amazonで購入。

 

ポディウムシリーズで規格が同じなので、どのボトルにも使える。

パーツごとに売られているのもエコでいい。

 

使い古したほうはこんな感じになっていた。

 

写真ではわかりにくいが、かなり汚れが残っている。

夏はスポーツドリンクを入れているが、それ以外の時期は麦茶を入れているので、ステインが付着して取りきれなくなっている。

スポーツドリンクの砂糖も汚れの原因になっているだろう。

 

細かい部分はブラシや爪楊枝を使って汚れを落としたり、パーツを分解して洗ったり漂白したりしていたけど、新品と比べるとかなり汚くなっていた。

 

履歴を遡ってみると一昨年に買っているので、2年近く使っていたわけだ。

こういうものは消耗品。

価格もそんなにかからないのでもっと頻繁に交換した方がいい。

 

スポンサーリンク

さいごに

キャップが新しくなってすっきり。

ボトル表面のプリントは剥がれてしまっているけど。

 

それにしてもこの商品、パーツの分解時に硬くてめちゃくちゃ力が要るのはなんとかならないだろうか。

そのせいで無理やり分解しようとしていろいろな箇所を凹ませてしまったりしている。

そもそも消耗品だから頻繁に分解することも想定していないのだろうか。

 

 

 

サイクリング
この記事が役に立った/気に入ったら
ぜひ「いいね!」してください!
最新情報をお届けします。
ブログを応援したい!と思ったら

記事が役に立った!面白かった!/ブログを応援したい! と思っていただけたら、こちらのボタンからいろいろな形で応援していただけます。

スポンサーリンク
このブログの著者
はらだよしのり

メインの活動は絵を描く人。
ウェブサイト humming studio - はらだよしのりイラストレーションワークス - にて活動や作品を公開しています。イラスト関連に限らず、MacやiPhoneに関連した記事やその他自分の体験した出来事の記事などオールジャンルで更新していきます。

はらだよしのりをフォローする
 
はらだよしのりをフォローする
ハミングスタジオブログ
タイトルとURLをコピーしました