非純正Apple Watchバンドを購入。いろいろ試す選択肢としてはアリ。

アクセサリ
当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています

Amazonでサードパーティ製のApple Watchバンドを購入。

 

スポンサーリンク

非純正Apple Watchバンド購入

Apple Watchはファッション感覚でバンドを簡単に付け替えられるのがいいところ。

シチュエーションや気分によっていろいろ付け替えてみたいものの、Apple純正のバンドは高価なのでホイホイと買うのはちょっと抵抗がある。

ネットショップを見ると多くのメーカーからApple Watch用バンドが低価格で販売されているので、Amazonでひとつ購入してみた。

コンパチブル apple watch アップルウォッチ用バンド iwatch 柔らかいシリコーン糸混紡リサイクルヤーン素材 ブレイデッドソロループ 編組バンド apple watch ultra/8/7/6/5/4/3/2/1/SEに対応 通気性 38mm/40mm/41mm 42mm/44mm/45mm/49mm
ブレイデッドソロループ

 

購入したのは、Apple純正のプライドエディションと同じ(に見える)デザインのマルチカラーブレイディッドソロループ。

中国製。

Apple純正が14,800円に対して、クーポン付きで1,599円だった(購入時価格)。

約90%OFF。

 

購入時にApple Watchのサイズ(僕のは45mm)を選択するのと同時に、自分の手首まわりのサイズを測って、最適なバンドサイズ(XS〜L)を選択する必要がある。

僕(身長173cm・体重59kg・男性)でXSサイズだった。

 

Amazonの商品写真1枚目で使われているのはどうやらAppleのサイトのプライドエディションブレイデッドソロループで使用されているものと同じもの(大丈夫だろうか?)。

しかし実際に届いた商品はデザインがわずかに異なっていた。

 

純正ではApple Watch本体との結合部(ラグ[lug]というらしい)の横の部分までブレイデッドソロループの素材が回り込んで、本体に装着するとラグが外から見えないようになっている。

それに対してこちらの商品はラグの横には素材がかかっていないので、装着してもラグが外から見える。

ラグそのものの素材も純正ではシルバーになっているが、この商品はホワイトになっている。

 

確かにAmazonの商品写真の2枚目以降を見ると実際の商品のとおりラグの横まで素材がない。

純正のブレイデッドソロループを完全再現しているわけではないので要注意。

 

一方、ループの編み込みのデザインは純正のプライドエディションをよく再現されているように感じる。
そもそも純正でも個体差があるかもしれないし。

 

スポンサーリンク

装着してみて

ふだんは主にスポーツループを使用しているが、初めてブレイデッドソロループを使ってみた。

 

装着感はとても良い。装着していることを忘れるくらい快適だ。

バンドを本体に装着すると信じられないくらい小さい輪っかができたので、手が通るのか心配だったが、よく伸びてぴったりフィット。

かといって締め付けられている感覚もない。

XSサイズで問題なかった。

手首まわりの測定値が中途半端でどちらのサイズを選べばいいか迷う場合は、使っていくにつれて伸びていくことも考えて小さいほうのサイズを選ぶといいようだ。

 

非純正商品もアリ

純正の高価なバンドを買って失敗するのが怖いなら、こういった商品を購入してみて試してみるのはいいと思う。

失敗しても低価格なのでショックが小さいし、ファッション感覚でいろいろ買って試せる。

他社製には純正にないデザインのものもあるので、Amazonなどを見てみたらけっこう面白い。

コンパチブル apple watch アップルウォッチ用バンド iwatch 柔らかいシリコーン糸混紡リサイクルヤーン素材 ブレイデッドソロループ 編組バンド apple watch ultra/8/7/6/5/4/3/2/1/SEに対応 通気性 38mm/40mm/41mm 42mm/44mm/45mm/49mm
ブレイデッドソロループ

 

 

アクセサリ
この記事が役に立った/気に入ったら
ぜひ「いいね!」してください!
最新情報をお届けします。
ブログを応援したい!と思ったら

記事が役に立った!面白かった!/ブログを応援したい! と思っていただけたら、こちらのボタンからいろいろな形で応援していただけます。

この記事をシェアする
ハミングスタジオブログ
タイトルとURLをコピーしました