2014年9月15日に東京で開催された「自分にOKを出して前に進む!心を解放するビリーフ・システム セミナー」に参加してきました。

今回の僕の1泊2日東京ツアーのメインイベント。

朝から夜まで心についてのお勉強です。  

スポンサードリンク

 

2度目のセミナー参加

立花岳志さんのNo Second Lifeセミナー。

今年の5月に続いて2度目の参加となる今回は、奥様の大塚彩子さんとのコラボセミナーで、前回のセミナーのときも少しだけ触れられた、「ビリーフ」とりわけ「自己否定ビリーフ」をテーマにした内容でした。

 

僕たちの心の大部分を占める「潜在意識」には幼少期から蓄積されたさまざまな「思い込み=ビリーフ」があり、それが今の僕たちの行動を決めているのですが、その中でもネガティブな思い込み「自己否定ビリーフ」は、自分を高めようと(「顕在意識」で)努力して「自信」をつけても消えることがないということです。

その「自己否定ビリーフ」と向き合い、その存在を認め、そしてそれを手放そうという内容でした。

このセミナーに参加しようと思ったということは、既に何らかの自己否定や心の中のもやもやしたものの存在は意識していたのですが、セミナーの中で行われるワークを通して、自分の中にある自己否定ビリーフを改めて認識でき、さらに自分でも認識していなかったビリーフに気づいたりできました。

 

後半で行われたセラピスト・大塚彩子さんによる公開セッションでは、参加者のひとりをクライアントとして、セラピーによって実際にビリーフに迫り、それを解放するプロセスを皆で見学しました。

徐々に心が解放されていく様子を横で見ているだけでも、自分に重なるところもあって時折ハッとさせられました。

 

自分の中のネガティブな部分に迫る前半のセミナーで少しばかり重かった空気が、セッションの終わりには晴れやかになっていた気がします。

その後に行われた懇親会の最後に、自己紹介がてら彩子さんと少しだけ1対1でお話させていただきました。

ワークの中で認識した自分の自己否定ビリーフをもう少し掘り下げるようなお話をしていただき、大変貴重な時間でした。

 

自己否定ビリーフを認める

大人数が集まって開催されるセミナーの形式なので、ひとりひとりの悩みや自己否定ビリーフを取り除くことはできませんが、ビリーフとはどんなものか、自分にはどういうビリーフがあるのか、そしてネガティブなビリーフは取り除くことができるということを学んだだけでも、大きな体験だったと思います。

一気に解決しなくても、自分の心の中にあるもやもやの正体が朧げながら認識できただけで「ああ、もやもやの正体はこういうものなのか」と意識できました。

これからは、例えば何か否定的な思考が頭に浮かんできたり、自ら悪い結果をもたらすような行動を起こそうとしたときに、「もしかしたらこれは自分の自己否定ビリーフが原因かも」と俯瞰的に自分を観察することができ、そんな状態の自分でも受け入れられるようになるかもしれません。

 

「自分自身がダメ」だと思っているのと、「自分の中にこういうネガティブなビリーフがあるんだ」と思うことは大きな違いだと思います。

今回のセミナーで、自己否定ビリーフというものの存在と、自分の自己否定ビリーフがどんな類のものか断片を知ることができたので、これを取り除くという目標ができました。

これだけでも一歩前進。

もちろん一人の力では取り除くことは難しいかもしれませんが、どうしてもというときにはセラピストやカウンセラーの力を借りられるということも知りました。

東京まで行って1泊して参加した意義は十分すぎるくらいありました。

今回の学びを活かして、今後の自分の成長に繋げていきたいと思いました。

もっと勉強するぞー。

 

ちなみに 記事トップの写真は、今回の東京ツアーの行きの新幹線から見た「富士山」です。

雲に隠れて全く見えてませんが…

ちょうどもやもやしていた自分の心のようですね(笑)

次はきっと晴れた富士山が見えますように。

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ