2014年12月の東京ツアー2日目。

日課のウォーキングは旅先でも行います。

スポンサードリンク

 

前回の東京ツアーではホテルに近かった東京タワーのふもとまで歩いて行くことができました。

 

【参考記事】【旅行日記】朝のウォーキングで東京タワーを拝む

 

そして今回の宿泊ホテルはここ。

 

亀戸・錦糸町のホテル|エクセルシティーホテル<公式>|亀戸駅から徒歩3分。東京出張・観光に便利アクセス

 

地図を見ても、徒歩15分圏内にめぼしいスポットがありませんでしたが、ちょっと離れたところに東京スカイツリーがある。

でもGoogle先生によると徒歩約30分との試算なのでちょっと難しい。

 

でも何せスカイツリーは高い。

他に行きたいルートもなかったし、せめてスカイツリーがよく見えるところまででも歩いていこうと決めました。

 

スタート

朝6時に出発。

ホテルから明治通りに出て北へ。

6〜7分程度歩くと川の手前で浅草通りとぶつかるので、そこを左折。

川を右に見て西に向かって歩を進めます。

まだスカイツリーは見えない。

 

もうしばらく歩くと、左に見える建物の陰からようやくスカイツリーが顔を出してきました。

もうすぐ歩きはじめて15分になるので、なるべくよく姿が見えるところで写真を撮って引き返そうと思い、撮影スポットを探しました。

 

すると、全景が見えそうなところにちょうど川を横切る歩道橋がありました。

あそこで撮ろうと歩道橋を上ろうとしたとき、ふと思いました。

 

「これ、逆さスカイツリーが撮れるんじゃないか?」

 

「逆さスカイツリー」とは、水面に映ったスカイツリーのこと。

水面のある場所と周囲の建物との関係で、なかなかレアなスポットです。

偶然通ったルートでこのチャンスに遭遇できるのはラッキー。

 

「逆さスカイツリー」いただきました!

 

歩道橋を上ると、予想通りに川面にしっかりスカイツリーが映っていました。

 

IMG_2314

 

冬の朝の澄んだ空気も手伝って、見事な立ち姿を収めることができました。

スカイツリーは開業前に近くまで観に行ったこともあり、一度上ったこともあるのですが、遠目で見ても相変わらず遠近法を無視したこのスケール感。

しかもここから見るスカイツリーは、周囲に高い建物が何もないので、スカイツリーの高さが際立ち壮観でした。

 

この歩道橋は「柳島歩道橋」といって、逆さスカイツリーの撮影ポイントとしてはけっこうメジャーなポイントのようです。

予備知識なしでしたが、偶然ここに辿り着いたのはラッキーでした。

 

 

iPhoneのカメラで撮影したのですが、実物の天辺から水面に映ったスカイツリーの天辺まで写真に入りきっていない…

でも目にはしっかりと焼き付けておきました。

iPhoneのカメラのパノラマ機能の存在を思い出したのはホテルに戻った後でした\(^o^)/

 

気持ちいい朝でした!

 

少し寒かったけれど、空気が澄んだ晴天で、歩いていてとても気持ちが良かったです。

旅先でのウォーキングという新鮮さも手伝って、いい時間が過ごせました。

今回のホテル選びもルート選びも本当に偶然だったのですが、絶景に出会えて本当に良かったです。

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ