阪急三番街・UMEDA FOOD HALL内のカフェ「BURN SIDE ST CAFE」で、ランチメニューのハンバーガーをいただきました。

 

スポンサードリンク

BURN SIDE ST CAFE

BURN SIDE ST CAFE(バーンサイドストリートカフェ)は、梅田の阪急三番街・UMEDA FOOD HALL(うめだフードホール)内のカフェ。

うめだフードホール

 

 

 

フードコート式なので固定の席はなく、フードホール内のどの席も利用できます。

以前ここに来たときに、ハンバーガーを提供しているお店があるのは知っていたので、やって来ました。

バーンサイドストリートカフェカウンター

 

ランチメニューとしてハンバーガーがありました。

ランチメニュー

 

カスタムバーガー

バーガーの具材(ベース)は2通りから選べます。

A : パティ/レタス/オニオン/トマト/チェダーチーズ/マスタードピクルス

B : パティ/レタス/オニオン/ケール/モッツァレラチーズ/レッドキャベツマリネ

Aを選択。

 

バンズはプレーン/ブラック/雑穀入りの3種類から選択可。

雑穀入りにしました。

 

10分くらい待ちました。

 

カスタムバーガーA

カスタムバーガー<フライドポテト付>(ベースA/雑穀入りバンズ)1,280円(税込)

 

バーガーにはコーラだy……ドリンク注文するの忘れた。

 

カスタムバーガーA-2

高さのあるバーガー。

レタスで見えないけど、パティの下のオニオンの輪切りが分厚い。

待っただけあって、できたて熱々。

ペーパーバッグで持ってがぶり。

 

カスタムバーガーA-3

見た目どおりのしっかりしたボリューム。

パティが肉肉しくて、濃厚なチェダーチーズとオニオンと肉汁が絡んで美味い!

 

ただ、できたてすぎて、ペーパーバッグ越しでも手がめっちゃ熱くて持ちきれない。

最後にはペーパーバッグが破れてソースがこぼれてしまった。

ナイフとフォークもついてきたから、ペーパーバッグから出してナイフとフォークで食べた方がきれいに食べられるかも。

 

ポテトはこんがり揚がってるように見えるけど、そんなにカリカリではなかった。

タイミングによるのかな。

 

フードコート式は気軽でいい

複数の店舗が入ったフードコート式なので、周りの席では他のお店のメニューを食べているお客さんも。

店舗内に入らなくていい分、他のお店とメニューを比べてから選べるので、普通の店舗型より気軽に利用しやすくていいと思う。

 

 

BURN SIDE ST CAFE 阪急三番街店
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目1−3
TEL : 06-6292-5533
URL : b-s-s-cafe.com
営業時間 : 10:00-23:00

 

 

スポンサードリンク
イラスト素材・ベクター素材のピクスタ