新しいMacにAdobe CCを入れましたが、そこでも「IllustratorのMagic Mouseスクロール問題」が解決しないので、「Better Touch Tool」に代わるアプリ「MagicPrefs」を入れて解決を図りました。

スポンサードリンク


IMG_0153
 

MacBook AirにAdobe CCを入れました。

MacBook AirにAdobe Creative Cloudを入れました。
もともとiMacに入れていますが、ライセンス違反じゃないですよ。
Adobe Creative Cloudは1ライセンス2台まで入れることを認められています。ただしその2台を同時に起動しないことが条件です。
1つをデスクトップ、2つめをノートに入れることを前提としています。

そんなわけで、晴れてインストールする2台目を手に入れたので、早速インストールしてみました。
インストールの方法はデスクトップと同じなので、iMacにインストールした時の記事を参照してください。

 

Adobe Creative Cloudコンプリートプラン購入しました。 | toybucket blog
こちらはOSがEl Capitanなので、Illustratorのバージョンは2015を入れます。

151115-1
 

無事インストール完了。

トラックパッドでIllustratorを操作するのはさすがに厳しいので、使わずに放置していたMagic Mouseを導入したのですが、やはりここでも例の「IllustratorのMagic Mouseスクロール問題」が出てくるわけです。

「IllustratorのMagic Mouseスクロール問題」についてはこちらを参照。

Magic MouseとIllustratorは相性が悪い。勝手にスクロールする場合の対処方法 | kotaログ

 

 

iMacのほうでは、「Better Touch Tool」を入れてもこのスクロール問題は解決しなかったので、仕方なく別のマウスを購入して使っています。

今回のMacBook Airではどうかと、こちらにも「Better Touch Tool」を入れてみましたが、こちらでも一向にスクロールは止まりませんでした。

この「Better Touch Tool」、他の人のブログ等見ても、効いたという記述もあれば、効かないという記述も結構あるんですよね。その差が何なのか分からないままです。

MagicPrefs

他の方法を探していたところ、「MagicPrefs」というアプリを見つけたので、インストールしてみました。

MagicPrefs
「MagicPrefs」も、「Better Touch Tool」同様、メニューバーに常駐するアプリです。

151115-4
 

「Better Touch Tool」の特徴が、マウスの設定をアプリ毎にできることであるのに対し、この「MagicPrefs」にはそれがなく、すべてのアプリに対して設定が作用します。

メニューバーからPreferencesを選ぶと、「Magic Mouse」のタブの右下に、「Configure Scrolling」というのがあるので、それをクリックします。

151115-2
ここで1本指、2本指、3本指のスワイプによる斜め方向(Diagonal)、縦方向(Vertical)、横方向(Horizontal)のスクロールを制御できます。

とりあえず1本指のスクロールをすべてオフにしました。

151115-3

とりあえず解消

こちらはしっかり効きました。これでとりあえずIllustratorでのスクロール問題は解消しました。

しかし、「MagicPrefs」はすべてのアプリに対して効いてしまうので、他のアプリでも1本指スクロールはできなくなります。

中でも、ブラウザでWebを見るときにページをスクロールできないのはちょっと面倒です。

この設定だと2本指もしくは3本指ではスクロールできますし、さらにノートにはトラックパッドがあります。ブラウジングのときにはトラックパッドで代用できるので、Magic Mouseを使うのはIllustratorやPhotoshopなどのみにして、他はトラックパッドを使うようにすれば、何とか問題なくいけるのではないかと思うので、当面はこれでいってみようと思います。

「MagicPrefs」がアプリ毎に設定を変えられるようになるか、「Better Touch Tool」が問題なく効いてくれるようになる日を待って、しばらくはこの設定で使ってみようと思います。

スポンサードリンク